Oka Laboratory

総合談話室

2014年

Re: Calend Mateについて

 投稿者:K.Oka 投稿日:2014年 5月 9日(金)01時16分34秒
  ビスタカーさん、初めまして。御教示、御提案、ありがとうございます。

>1.日の九星について
仰るとおりCalend Mateでは、冬至または夏至の前後1日以内に甲午があるときを九星の閏として算出しています。御提案を基に閏の補正を検討してみたいと思います。そのため、御教示された内容を理解することから始めてみます。そしてアルゴリズムを組み立ててみたいと思いますが、時間が相当かかりそうです。

>2.取り扱える期間の範囲の拡張について
Calend Mateの取り扱い期間は、Visual BasicのDate型変数の範囲で制限されています。取り扱い可能な期間を拡張してみたい気持ちはありますが、Date型に依存している部分を全面的に書き換えなくてはならないため躊躇しているのが現状です。

>3.暦注下段について
現在のバージョンでは「天赦日」だけ取り扱っています。それ以外の下段につきましては、全てを追加すると収拾が付かなくなりそうですが、一部追加してみたいと思います。
 

前回の続きです

 投稿者:ビスタカー 投稿日:2014年 5月 8日(木)00時15分46秒
  ところが、Calend Mateの取り扱える範囲を広く見ると、その規則が直接適用できない例も見つけました。遠い未来のカレンダーを適当に見ているとき、次のようなパターンを見つけたのですが、このような場合はどう調整したら良いのでしょう。この頃になると、冬至から夏至までの期間が夏至から冬至までの期間より短くなることも影響しています。カッコ内はユリウス日です。

5028冬至 12/22戊子(3557855) 切替日11/28甲子(3557831)
5029夏至 6/22丁亥(3558037) 〃5/27甲子(3558011) 前との間隔180日
5029冬至 12/22癸巳(3558220) 〃12/23甲午(3558221) 〃210日
5030夏至 6/19壬辰(3558399) 〃5/22甲子(3558371) 〃150日(三碧→九紫)
5030冬至 12/22戊戌(3558585) 〃翌年1/17甲子(3558611) 〃240日(四緑→一白)
5031夏至 6/19丁酉(3558764) 〃7/16甲子(3558791) 〃180日

この例では、5029年の冬至が癸巳なのに対し、5030年の夏至で壬辰に戻っていて、「150日」というのが発生してしまっているので、事態は複雑です。さっきの書き方では、「-180-210+150-240-180-」となります。

他にも似たような事例として次のようなものがあります。
6013冬から -180-240-150+210-180-
これは、6014年の冬至が丙申なのに対し、6015年の夏至は乙未と、これも干支の戻りが影響しています。

このような場合でも、何らかの方法で調整して「-210+210-」をどこかに作らないといけません。私見としては、壬辰も癸巳も干支の前半で、乙未も丙申も干支の後半にあることを考えれば、150日と210日のペアを180日180日とし(切り替え日を30日前後させ)、残りの240日に対し前述の規則を適用するのでどうかと思っています。すなわち次の通りです。
-180-210+150-240-180- → -180-180-180-240-180- → -180-180-180-210+210-
-180-240-150+210-180- → -180-240-180-180-180- → -180-210+210-180-180-

旧暦では、2033年問題や類似の状況の問題には時憲暦ルールで既に対応しているのですが、九星のこういう状況は旧暦2033年問題の九星版という感じもします。まあこのような遠い遠い未来のことは、精度の問題もありますが。

2.取り扱える期間の範囲の拡張について
現在は西暦100年〜西暦9999年となっていますが、それを拡張するのはどうでしょうか。始点は西暦紀元前660年頃(神武天皇即位)あるいは紀元前4713年頃(ユリウス日最初)、終点は西暦20000年頃を考えています。長期的には地球の近日点の移動が約20000年で一巡するということもあって提案しています。

3.暦注下段について
暦注も六曜・九星・選日・十二直・二十八宿までは載っていますが、暦注下段も追加してはどうでしょうか。暦注下段については、以下のWikipediaの記事があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%A6%E6%B3%A8%E4%B8%8B%E6%AE%B5
 

Calend Mateについて

 投稿者:ビスタカー 投稿日:2014年 5月 8日(木)00時14分23秒
  はじめまして。ビスタカーと申します。
Calend Mateについて、気になったことや要望があるので書きます。

1.日の九星について
Calend Mateの九星の閏は冬至または夏至の前後1日以内に甲午がある場合と判定していますが、以下のようにおかしな所が出ています。2020年と2031〜2032年の例について、原因と思われる箇所も合わせて示します。

・六白→三碧(2020/6/20・21)
2019/12/22癸巳七赤(冬至)
2019/12/23甲午七赤(冬至翌日)

2020/6/19癸巳六白
2020/6/20甲午三碧(夏至前日)
2020/6/21乙未二黒(夏至)

・四緑→一白(2032/1/18・19)
2031/5/23癸亥九紫
2031/5/24甲子九紫

2031/6/21壬辰八白(夏至)
2031/6/22癸巳七赤
2031/6/23甲午六白(夏至2日後)

2031/12/19癸巳七赤
2031/12/20甲午六白(冬至2日前)
2031/12/21乙未五黄
2031/12/22丙申四緑(冬至)

2032/1/18癸亥四緑
2032/1/19甲子一白

その他、詳細は省略しますが、19世紀〜22世紀では、以下も九星の並びがおかしくなっています。

・六白→三碧(1814/6/20・21)
・六白→三碧(1917/6/20・21)
・六白→三碧(1940/6/19・20)

・六白→三碧(2043/6/19・20)
・六白→三碧(2123/6/20・21)
・四緑→一白(2135/1/18・19)
・六白→三碧(2146/6/19・20)

こういう場合の九星の閏の調整方法について、次のサイトにわかりやすいと思うものが載っていましたので、それを採用してはどうでしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/nobml/20121231/1356881216

上に述べたサイトの規則で、切り替え日の間隔日数を示せばこうなります。
(+は九星の閏、甲午で三碧か七赤から開始)
閏見逃し(後側を30日前に変更)
-180-240-180- → -180-210+210-
閏余分(前側を30日前に変更)
-210+180+210- → -180-210+210-
 


正当なCSSです!